この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

10

夜門シヨ

ここまで読んでいただきありがとうございます。
これにて、お話は終わりでございます。
久しぶりにcomicoでノベルを書き、題チャレに参加したのですが、とても楽しく書くことができました。
これから彼等がどうなっていくのか・・・それはまたいつか。
最後まで構想はあるのですが、一旦ここで終わりということで。
弘大いいいいいお前なぁ大切にしてくれる奴回りにいるだろうが!!!!!
って、作者は怒ってます。
ではではまたいつか。
よろしくお願いします!

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ