この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

4

愛純(Azumi)

ここまで、読んで頂き有難うございました。
正直、初めての携帯小説の投稿に、弱気になることもありましたし、どんな会話形式で物語を進めていけばいいか悩んだこともありました。それでも、ここまで書けたのはずっと読んで頂いた皆様のお陰です。
本当に感謝しています。
これからもベストチャレンジにも、新しい物語を書いていきます。
この物語も、セカンドシーズンがあるかもしれないですので、その日まで失礼します。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ