BEST 丹坂さんが6つ目の嘘を吐くとき

ゆうま

♡ 2

第1話から読む

同じクラスの丹坂さんは日によって全く違う恰好で学校に訪れる。それぞれ性格も話し方も趣味も違う。でも、確かに4人の丹坂さんは、いつでも丹坂さんだった。
本当のあなたなんて知らなくても、私とあなたは友達だった。