この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

3

トーヘンボク

お読みいただきありがとうございます。
初めましての方は初めまして。そうでない方はお久しぶりです。そんな挨拶が定型文となってきましたね。
……え?なってない?むしろ古いって?
ははっ。そんなバカな。だって私はまだピチピチの……ってのが古いんでしょうね。時の流れは無常なものです。
そしてアレですね。なかには気づかれた方もいるのではないでしょうか。
「あれ?こいつ他にも題チャレに載せてなかったか?」と。
正解でございます。
その作品は書きたいなぁと思ったモノを書きなぐったスピンオフ的な作品でして、他にネタが思いつかなければ、書く時間がなければ、そのままそれで挑むつもりでした。
けれど思いついてしまった。書けてしまった。ならば差し替えじゃあ!ということであちらのタグは引っぺがしました。一人一作品であれば入れ替えは可能かなと思いまして。へへっ。
そんなこんなで次話もよろしくお願いします。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ