この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

6

緑茶

どうも、緑茶です。
玉とお札の見せ場を作り、カガリくんのへたれっぷりも払拭し、侍女さん達も無事に祓われ、ひとまずはめでたしめでたしと相成りました。
今回の為に大急ぎで考えたお話ではありますが、本家魂師の叔父さんやら、怪異専門の警察の新部署さんやら、引き寄せ体質のさつきちゃんやら……作者としても書きたいところがあれこれ残っておりますので、また何かしらの形で構想を練っていければと思っております。
その時はまたどうぞよろしくお願い致します。
それでは、ここまでお読みくださりありがとうございました!
緑茶でした。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ