この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

14

アラレ

普段ケンカばっかするけど、本当に辛い時寂しい時そばにいてくれる兄弟はかけがえのない宝物です。
一人で迎えを待つ作者を、わざわざおにぎりを作って迎えに来てくれた兄の優しさ。
20年経っても色あせない温もりで胸に残ります。
その兄は生きてますがね!

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ