この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

5

シン

読んでいただき、ありがとうございました。
村木砦の戦いは、織田家分裂のなか、限られた兵力でのぞんだ戦であり、精神的にも耐え難いものだったと思われます。史実では濃姫は歴史から消えてしまっているため、参戦していないことになっています。信長が頼れるのは、叔父の信光、ともに戦う水野忠分、そして同盟軍として居城の留守を任せた安藤守就(=斎藤道三)だけでした。信長が鉄砲を初めて使った戦いでもあります。村木砦の戦いは2幕からスタートです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ