この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

2

水野雫

閲覧有難うございます、水野と申します。
もう自分で言っちゃいますけど、二話冒頭の『ジニア』はこの五話の伏線でした。花言葉を物語の中に落とし込むのが昔からの癖で、直す気もありません。
少しずつ明かしていく、という二話の作家コメント通り少しずつ世界観、生活感を出しています。(出している、…つもりです!!)
と、いうわけでやっと和田守の苗字にも触れる事が出来ました。
和田守、大櫃、佐々木。
一応、舞台というか、元となる県に実際ある苗字です。登場人物自体にモデルはいませんが、苗字ランキングとか見てると面白いし楽しいです。
※少し文章を修正致しました。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ