この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

1

水野雫

閲覧有り難う御座います、水野と申します。
今回は紫雨視点でお送りしました。
紅音の青い瞳と、碧の赤い瞳。それぞれの色合いを混ぜたら紫雨の紫色の瞳になります。
双子の名前と、色が反対になってるのはまぁ、そういう伏線?と言うのか、わざとでした。ちゃんと意味はありました。今回それが言いたかった。主張したかったのです!
紫の朱を奪うを悪む、という言葉がありますが、言葉の意味も勿論深いのですが字だけで見ると「うわぁ」と思います。字だけですよ。字だけです。
※本当は「似て非なるものが取って代わってでしゃばるのは困りものである」という意味です※←今回、この意味自体は本作に関係ありません
もう少しでお題チャレンジの締切ですね。出来るだけ書こうと思います…!

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ