この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

1

元季蝙蝠

 ここまでお付き合いいただきありがとうございました。
 第4回お題チャレンジのテーマは「嘘」。このテーマを見て最初に思いついたのが叙述トリックでした。叙述トリックは、いわば作者が読者に仕掛ける嘘ですから。いえ、まあ正確に言えば嘘ではないんですけどね。
 叙述トリックとして性別逆転はありふれたものですが、登場人物全員の逆転はそんなにないのでは、と思いこの話を書きました。そのため私から読者様に仕掛けた嘘と、四宮が姫路に対して茶番を演じるという嘘、二つの嘘を入れ込んだ話となります。いかがだったでしょうか?
 もしこの手の話がお好きな方は、完結済みではありますが拙作『魔術師の世界、レプリカの町』という連作短編集も書いておりますので、お読みいただければ嬉しいです。(宣伝)

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ