この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

13

山口洋一

十四話更新です!
憧れとか尊敬とか、可愛いとかカッコイイとか、そんな一般的な好意だと思っていた気持ちが恋心だったんだと自覚する瞬間って、経験した事がある人は多いんじゃないかなって思います。
その時に、同時に届かない切なさに気づいてしまう事も、あると思います。彼氏がいる人だったり、他に好きな人がいることを知っていたり。気づかない方が、憧れのままでいられた、純粋な好意のままでいられたのにと、後悔すらしてしまうかもしれません。
さて、頑固な直音くんは自覚した恋心にどう向き合っていくのでしょうか。
次回以降もお読み頂ければ、嬉しいです^^

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ