この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

4

最中たうん

お初の方は初めまして、第一章から見てくれた方はお待たせしました、最中たうんです。
第二章、ようやくスタート!
今回も主人公の時雨が奮闘するようですが、私としてはヤツをどうイジってやろうかと影でほくそ笑んでいます()
ちなみに本章にはフキダシ設定およびアイコン設定は付きません。え?誰が面倒臭がったって?
……そんな感じでゆるっと楽しくやっていきますのでよろしくお願いします!
※公開2日目にして内容を修正しました。長かったのを凝縮して主人公補正もプラスしました。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ