この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

6

ときの

お読み頂きありがとうございます。ときのです。
 
コバエがわたくしの周りをちょろちょろと飛んでおります。
そのままでいると確実に君が死んでしまうのだから、外に出たらどうかな。と伝えたい。
次話は12日更新予定です。よろしくお願い致します。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ