BEST 太宰先生、すみません

蟻目柊司

♡ 4

第1話から読む

天才的な書道の才能を持ち、他人の筆跡を完璧に真似することができる少女。太宰治の狂信的なファンで、文体を完璧に真似することができる青年。ふたりが出会ったとき、ある計画が持ち上がる。綿密な下準備、大胆な仕掛け、そして新聞の一面に踊る文字。"太宰治 未発表原稿 発見!!"