この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

152

紗雪ロカ@10/11撤退

あきら「……なんで、今回に限って誰も居ないわけ?」
あきら「なんでよりによってこの章で!? 一人で予告しろっての? セクハラだーっ!!」
あきら「うぅ…仕方ない。第8章『い…靡テーション』小雨が降る中、次の街へと到着した一行。ふしぎな事にそこで出会うのは子供ばかりで大人たちは教会に籠りきりだと言う。その原因はやはりというか魔水晶だった。そ、その種類は……(ごにょごにょ)で、知らず知らずのうちに師弟二人も影響されてしまい、二人っきりの夜に――」
あきら「あーもうっ、ここまででいいでしょ!あとは自分の目で確かめて///」

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ