この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

4

小野冬斗

奏「次回予告」
ル「奏太、やるんじゃ」
奏「やじゃ」
ル「口調移っとるぞ。というか、出番がないからと言って何じゃそのやる気のなさは」
奏「うるせ、お前に言われたくない。第1、本編のことは本編に登場する俺らは知らないわけで、ここに来るべきは登場した2人だと思うんだよ」
ル「うむ。異論はない。あとは作者次第じゃが」
奏「ルノ、作者から伝言。『このコーナーは主人公2人に任せまーす』だって」
ル「あんにゃろ!とっちめる!」
奏「はい、落ち着いて。次回予告、次回は俺が遂に戦う回『堀井奏太の初陣』らしい」
ル「やっとアクションじゃな。読者のみんな、お楽しみにな!」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ