この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

5

小野冬斗

ル「ふ~。これで、一旦物語も落ち着くな」
奏「そうだな。この莉佐との話がゲーム▶スタート編の第1章だとすれば、あと2話で終わる」
ル「じゃあ我らの出番ももうなしか」
奏「何言ってんだ?このアホ。第1章があれば当然第2章もある。まぁ、その話はまた今度することにしようか」
ル「じゃあ次回予告じゃな?次回は遂に征服を進めた奏太に最後のチュートリアルが始まる」
奏「・・・え?そうなの?」
ル「なんでお主が覚えておらんのじゃ」
奏「いやいやまさか。冗談だよ。端末が次回の中心だったか?」
ル「まぁそうじゃな。と、言うわけで次回。『レベルアップ』お楽しみに!」
奏「よっしゃ!早くレベルを100にして空を飛ぶを覚えるぞ!」
ル(こやつは一体何の話をしとるんじゃ・・・)

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ