この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

4

小野冬斗

ル「奏太・・・お主最低じゃな」
奏「うーん、覚えてないんだよなぁ」
ル「本当か?」
奏「記憶にございません」
ル「その政治家みたいな返答はやめろ」
奏「ルノ、作者から伝言。『あまり本編に関わるようなやり取りはやめろ』だとさ」
ル「ふん!出番がないのがいけないんじゃ!」
奏「まだ根に持ってるのかよ。諦めろって」
ル「嫌じゃ!次回!『武器をやろう』」
奏(唐突な次回予告・・・!?)
ル「お楽しみにな!ってどうかしたか?」
奏「いや、なんでもねぇよ。・・・次回もお楽しみに!」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ