この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

6

小野冬斗

奏「・・・出番がないとコメントしにくいな」
ル「なんじゃ、ようやく気付いたか」
奏「薄々わかってはいたけどさ、なんつうか話の内容を話題にしにくいのな」
ル「じゃあ少しだけ現実に関わることでも話すか?」
奏「最近何かあったか?」
ル「核兵器が飛んできてサイレンが鳴った」
奏「よし、その話はやめよう。次回予告!次回はまともに作戦を立てた俺と、何かがあった玄魔が対決!『リアルコマンドゲーム』お楽しみに!」
ル「何じゃったんじゃ?急に。まぁ、よいお楽しみにな!」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ