この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

79

宇佐木ぷらす

初めまして宇佐木です|д゚)
心機一転リハビリも兼ねて、ノベルのほうも書き始めました。
きっかけは、ぼんやり午睡から目覚めると夢の中で繰り広げられていたファンダジーな世界が鮮明に記憶に残っていたからです。
妄想をこれでもか!って広げているうちにどんどんこゆーく掘り下げられていきました。
小説初心者なので、至らない点が多量にあると思われます。
お時間ある方は、是非誤字脱字など見つけましたらご指摘頂けると大変うれしいです。
言い回しや、文法変じゃない?っていう箇所も是非教えて下さい(*- -)(*_ _)ペコリ
さてこのお話ですが、話が進むにつれてBL要素が濃ゆくなっていくかと思われます。
男女のカップリングがお好みの方はご注意下さい。
また児童書がお好きな方のお眼鏡にかなうといいなと思っております。
さて長くなりました。
宇佐木ダークファンタジー劇場、開演致します(`・ω・´)

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ