この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

76

宇佐木ぷらす

いつもハート有難うございますm(._.*)m
若干更新が滞り気味だったのは、実を申しますと展開に行き詰っていました。
はい。
5日くらい前から、設定をネリネリ練り直していたのですが、なんだかあまり思わしくなくてですね(´・ω・`)
それに伴い筆の進みが遅くなってしまったのと、自分の文章力の無さに嫌気が指して、何度も推敲し直してたのと、色々重なって亀さんになってました。
ぐはっ
これでも推敲してるんです
ほんと申し訳ないm(_ _|||)m
推敲すればするほど、前の表現の方があっさりしててストレートで良かったかも、なんて思ったりして悶々としてます。
むずーい。
このお話は飽くまでファンタジーと言い切りたいので、実はBL要素はスパイス程度に考えていました。
でもいつの間にか濃厚路線。
ファンタジー要素もBL要素に負けないようネリネリ致しますので、今後もどうぞ宜しくお願い致しますm(._.*)m

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?