この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

10

野々花

お読みいただきありがとうございます。
ヘンリエッタはクリスが冷静だと言っていますが、このときのクリスは、まったく、全然、一ミリも冷静じゃないです。
また、遅れてきた魔法使い(ケント)は、魔法使いとして秀でていて、弱みとなるような家族もいないため、マッキンレイの恨みをかう個人事情ながら、クリスも応援を頼むことができました。
-
次回タイトル「二回目の告白」です。
よろしくお願い致します。

この作品が気に入ったら読者になろう!