この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

4

柊空音

という事で…始まりました。
終始、ちょっと笑える小説だと思われた方がいるかもしれませんが、あまり重苦しい物語にしたくないってやつです。はい。
その辺、読み取って頂けると有り難いです。これからも宜しくお願い致します。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ