この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

22

大野原幸雄

僕のクセなのか、物語の伏線をずいぶん前から少しづつ張っていきます。
上手く回収できた時とても嬉しいし、伏線を張る時はワクワクしていたりするんですが…
 
あれ…?
この伏線、前過ぎて読者覚えてないんじゃね?
…という不安に突然おそわれます(笑
 
あんまり小説を書く友人がいないため、もし書く人がいたら教えて欲しいんですが、こういう不安ってみんな抱えてるものなんでしょうか?
 
…と、投稿しながらなんとなく思いました。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ