この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

0

依田行平

ここでは、迷いながらも主人公と相方のお互いの思いや絆の繋がりの強さを意識して書いていました。でもまだお互い不器用なとこもありって所ですかね。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?