この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

1

岩田こま草

だいぶ前になりますが、小生のコートのフードにくるみが入っていた事がありました。
誰に聞いても「入れてない」って言うし、小生も覚えがない。きっとカラスか何かだろうと結論しましたが、その時の不思議な気持ちを小説にしてみました。
全部で六話の短いお話です。
よろしければお付き合い願います。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ