この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

2

夜路

拙い文と絵でですみません。少しずつ、挿絵も描いて足せたら、と思うのですが…。
この小説を書いたときに漠然とこの場面だけ浮かんだので、とりあえずの一枚ですが…
表紙兼挿絵の一枚だけも寂しいですね。後日ちょこちょこと足します。
夜路

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ