この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

2

歌川恩地

この物語はフィクションであり、特定の人物をイメージさせるものではありません。…と断り書きを今回は入れておいた方がいいかもしれません。まあ、あの方がこれを読んでいるとは思えませんが…(苦笑)

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ