この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

47

龍那

図書委員とお人形ペアのお話。たまには方言キャラも良いですね。彼女は熊本弁をベースにしています。特有の単語とかは無いので、読み取ってもらえたら嬉しいです。
あと、外見は可憐な少女人形なのに、良い男声で偉そうな言葉遣いというのもたまには良いでしょう。
なので、レイシーは「彼」とも「彼女」とも書けず「誰だこんな設定考えたの」と文句を言っていました。
 
本当はもっと彼らを動かしてあげたいのですが。事件起こすと前後編では済まなくなったり、戦闘シーンだけで終わったりとかしそうです。やだ怖い。纏め力が足りませんか。そうですね。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ