この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

43

龍那

ハナの「花子さん」としての話。
初期タイトル案は「忘れ物はありませんか?」でしたが、忘れ物返したし、何か違うなと試行錯誤した結果、お題として使った「忘れ物」をそのまま置いてみました。
 
罰ゲームといえば。コンビニでレジ打ちしてた時に「スマイルください」と言われたことがありました。
あの時咄嗟にうまい返しが出てこなかったのが心残りです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ