この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

7

小林一兎

克は自分のことばかり。一人で悶々としております。
心配なら怜子に聞けばいいのにそれも出来ないビビリな奴。
きっと無自覚ながら 怜子の方からくるのを待っている「ズルい大人」。
さてさて、怜子は何故そんな残念な男を好きになったのか……  
加筆修正したら長くなったので02話と03話に分割ました。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ