この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

94

temo。

昔、暗室で一人作業が必要な仕事をしていました
ビビリな自分は何時も半泣きで震えながら作業をしていたのですが、職場の人がちょくちょくやってきては「ここ出るんだよね」「以前ここで見たって人いたよ」「実はここ事故物件でサ…」など余計な事ばかり言っては去っていくんですよ
殺意沸きましたね
その時『そういえばエロい事を考えていたら幽霊は寄ってこないと聞いたぞ』と思い出しまして
全力で真剣に考えましたよ。エロい事を
でも人間、心底怯えているときにそんな事考えられるもんじゃありませんよね
ただただ心が汚れただけでした
結局数年その仕事をしましたが、怪現象は『誰も居ないはずの背後から耳に息を吹きかけられる』という事が数回あったくらいでなにもああああああ
次回も読んでいただけると嬉しいです

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ