BEST 僕の学園での生活が突然忙しくなった

harumin

♡ 1

第1話から読む

高校二年生にぎりぎり進級できた僕は、二年生の夏、学級担任から告げられる。
君は進級できないと。
テストの出来も悪く、出席日数も疎かな僕に進級できる手段を学級担任が提案してきた。
それは学園生活が多忙になることだった。