この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

0

灰梨

書いている時に犬が私の膝の間に座って、キーボードの上にあごを乗せようとしてきました。勝手に文字がドンドンうたれていくし、ビックリしている間に今度はもう一匹の犬も真似してなのか、膝に乗って来て…。なにやら私の膝の上がやたらと重たくなりました。可愛い愛犬たちに構ってチャンされたので、この後はいっぱい遊んであげようと思います。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ