この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

9

緑茶

どうも、緑茶です。
続けて2話目。季節外れの告白のお話はこれでおしまいです。
お付き合い頂いた方がいらっしゃいましたら、ありがとうございました。
とりあえず大文字小文字、章区切りなんかも一通り試して使い方がわかってきました。
どうやらルビは振れないのと、大文字で太字で斜体の合わせ技は出来ないようなので残念。
何か思いついたらまた描くかもしれないので継続設定にしていますが、予定は未定の真っ只中です。
緑茶でした。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ