この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

0

リッチ

ご覧頂ありがとうございます。
少しグロテスクな表現をせざる負えませんでした。
気分を害す方がおりましたら申し訳ありません。
今回は、対比をテーマに文章を組み立てました。
何が対比してるか注意して読んでいただけると幸いです。
今回のワード・・・強いAIと弱いAI
少し加筆したChapter1で使った言葉。
人工知能で用いる言葉で、
弱いAIはプログラムされた行動と取る一般的なAIです。
最近話題の将棋を打つ機械たちがこれにあたります。
将棋以外でもチェスプログラムの「ディープブルー」がこれに該当します。
SF作品で見られる自ら思考し、自ら新しいことを考える
より人間に近い知能をもったAIが強いAIです。
現在では、開発段階でまだ完成されておりません。未来に期待しましょう。
Chapter3は目覚める主人公、そして邂逅です。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ