この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

155

永春

いつもコメント・オススメありがとうございます。
すこしだけ、お久しぶりです。
長編を書いているので、こちらの更新はゆっくり、まったりです。

「あと五分」
寝起きの眠いときに、寝ぼけたまま書きました。

「母と」
これはある日、ぼくが見た夢です。
ほとんど、そのままです。
この母はぼくの母ではないですし、身近に刑務所に入っている人もいません。
不思議な夢は「ゆめにっき」として残しているので、そのうちまた夢の話を書くかもしれません。

「電子レンジ」
一部実話です。
エラー音の出る電子レンジはフィクションですが、知らないだけで売っているかもしれません。

「血液検査」
ぼくは一時期、赤血球が多すぎるせいで定期的に病院で血液検査をしていました。
先生の出身校がぼくと同じで、すこし仲良くなりました。
血液検査、やりましょう。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ