この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

137

永春

いつも閲覧ありがとうございます。
ひとつひとつの話より、
作者コメントのほうが文量が多くて(400字)、
自分でも「あれ…おかしいな…」と思っている永春です。

コメントはすべて読んでいます。
おひとりずつにコメントを返すことができず、すみません。

「これが好き」と言って貰える話が面白いぐらいにバラバラで、
こんなノベルを読んでくださる物好きな方でも、
好みが多様だなーと少し感動しています。

「汽車」
列車の屋根にのぼるのは、危ないからやめましょう。

「お嬢様」
お嬢様は動きません。
とてもガマン強い方なんだと思います。

「秋2」
ここまでくると、もはや詩ですね。
タグにポエムってつけておきました。

「記録」
彼に何があったのか。
そしてこれから、何が起こるのか。

「埋葬」
古着屋さんが好きです。
自分の前にどんな人が着ていたのかなどは、
あまり考えていません。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ