この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

2

白石幸知

 どうも、この間、バックの中に入れていたシーブ〇ーズがぶちまかれ、中にあったラノベ3冊から石鹸のいい香りを漂わせている白石です。ちなみに、パソコンからも、若干いい香りがします。泣
 さて、週1のペースで安定して……いないな。させたい、させたい。安定させたい……。
 この物語はフィクションです。実在する人物、事件、団体とは一切関係はありません。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ