BEST 夏みかん

瑞奈ありさ*

♡ 1

第1話から読む

「夏みかん 色あせてない 1ページ」古いアルバムをめくるように、ふと、昔描いた俳句を詠み返してみる。すると当時の思い出が、まるで小さいころに食べた甘酸っぱい夏みかんのようによみがえってくる。 甘い詩、酸っぱい詩、そして苦い詩。 一粒一粒味わいの異なる俳句と詩的な詞書を一口どうぞ。