この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

6

小谷杏子

どうも。小谷です。ここまでのご閲覧ありがとうございます!!
これは前回予告していたお話ではありません。申し訳ありません。
番外編ではありますが、多分、他のお話と長さは変わらないかと思います。気楽にご閲覧いただければ幸いです。
***
舞台はこの世界のどこか。少女は何をしに、この荒れた屋敷へ来たのか。またこの老人は何者なのか。
物語はゆっくりと時間をかけて遡ります。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ