この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

6

小谷杏子

どうも。小谷です。ここまでのご閲覧ありがとうございます!
お久しぶりでございます。生きてました。私、生きてました。
生を実感するというのは素晴らしいことです。(大袈裟なこと言ってますが、別に生死をさまよったわけではありません)
***
さて、新しい物語の始まりです。開始すぐに不穏な空気ですね。サスペンス?ミステリー?ホラー?
どれも上手くはまらない。ジャンルに悩むこと数分、「ダークファンタジー」に決めました。(ジャンルを後で考えてる時点でそもそもの間違い)
そんなこんなで、スタートです。少女と誘拐犯の長い長い夜を見届けていただけたら幸いです。
***
※前回と予告していた物語ではありません。作者の不注意です。混乱を招いてしまい大変申し訳ありませんでした。引き続き、「長い夜」をよろしくお願いします。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ