この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

3

寛・忠(くつろぎ・ただし)

いかがだったでしょうか。0系の前に現れた少女「のぞみ」が、交通事故で死亡して霊魂が残ったという設定や話の終わり方に問題があったかもしれません。
この話の大元をご覧になった方の感想は
”0系の視点に立ったストーリーはまるで小説よりも絵本を読んでいるかのような感覚で読みやすかった”
”最近は夢すら叶えられずに消えていく命があるという現実があるというのが悲しい”
”夢を叶える女の子(のぞみ)と夢を失くしたくない彼(0系)の思いが通じて良かった”
と評価をいただき、この物語を書いた甲斐がありました。
0系はもう二度と鉄道の線路を走ることはありませんが、鉄道ファンの心の中で走り続けていることでしょう。
最後までご覧いただき、ありがとうございました!

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ