この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

25

緑茶

どうも、緑茶です。
ここまでお読み頂きありがとうございます!
玩具の騎士のキャラがどんどんブレていくのが面白くなって、ごてごてと機能を追加してしまいました。
一騎がけだよ!って宣言しているのに一切聞く耳をもたない部下を持つ不憫な彼に、あまり音のしない乾いた拍手を。
さて、そんな訳で最後にいきなりご乱心の主人公くんですが、次回もよろしくお願いします!

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ