この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

14

緑茶

どうも、緑茶です。
ようやく日常パートに戻ってまいりました。
リオが加わり、親父さんの地位がすっかり危うくなり、実に通常運転です。
さて、次回からは「この人、名前だけで最後まで出てこないパターンじゃない?」と作者も錯覚しそうなダンさんに焦点を当てたお話です。
笑顔が素敵な苦労人、ダンさんの活躍をお楽しみに。
それでは、ごゆるりとお読み頂ければ。
緑茶でした。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ