この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

4

綾城弥

ここまでお読みくださった方々、ありがとうございます!
第2話です。
サブタイ、しっくりくるのを考えるのが微妙に大変でしたり。
comicoノベルさんの形式はせっかく色々出来るのに、なかなか使いこなせない綾城でした。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ