この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

3

綾城弥

今回も、お読みいただきありがとうございます!
少し短めになってしまいましたが、6話目になります。
ノベルオーディション用に書いたエピソードはここまでになりまして、続きは鋭意製作中です。
投稿用に別作品も並行して書いていたりするので、次の更新はしばしお待たせすることになってしまいますが、完結まで見届けてくださる方が、ひとりでも居てくれたら嬉しいな、と思います。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ