この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

267

石船海渡

そういえば寝込んでいる最中に不思議な夢を見ました。
とても綺麗なガラス張りの場所にいて。
誰かといたんですが誰かは思い出せないんです。
で、向かったレストランらしき場所はその景色がまるで空の上の上にいるかのように、黄金に輝く雲を見ながら食事が出来る場所で。
でも長蛇の列なので諦めて、到着場所すら見えないとてもとても長いエスカレーターに乗ろうとしている時に目が覚めました。
42.3度でした。
えっ、これって臨死体験?
 
ほのぼーのさん
お待たせして大変申し訳ないです!!
本当に危なかったです。
ほのぼーのさんは体調大丈夫でしょうか…。
細菌の風は殺しにかかって来ますから、油断しないで下さいね…。
すごい、心配の裏に漏れ出てる本音が!
任せて下さい、ルーカスさん主体の話も近い内にお詫びとして上げますから!笑

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ