この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

240

石船海渡

ヒノエさん
ビスタニアも案外放任主義でした。
何かあったのは分かるけれども助けてくれと言わず、危険のない限りは甲斐の判断を信じています。
それも愛です。
そして画面を割っての下りで貞子のイメージが離れなくなりました。
変態紳士の名の元にいざゆかん、赤毛の名家長男よ!(魔方陣ぶわあ)
ハンカチ振って見送ります。
 
クニスさん
読み返しを!?なんと長い道のりをようこそ…。
愛を感じました。
トマト…け、ケチャップ飲んどきゃ大丈夫ですよ。
リコピン差し上げたい。
恋してる…?これが…ときめき…?いっぱい、食べなきゃ。
そんな馬鹿言って死んだら恨みますよ。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ