この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

6

胡蝶陽夜子

こんばんは、胡蝶陽夜子です。
今回は、死とは全く関係ありませんが、以前作った詩をこちらに移すことにしました!
短いですが、伝えたいことは詰まっているかな、と思っています!
師走がこんなに忙しいのは、人生で初めてです(笑)なんでこんなに忙しいんでしょうか…(笑)学生なので、仕事が忙がしいとかではないんですが!やることがなんだかとんでもなくたくさんあります…はぁ、絶望…

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ